beco blog - 双子・三姉妹と暮らすシンプルライフ

三姉妹の母"beco"が双子育児を語ります

育児 | 4歳長女が小規模保育所から幼稚園に転園した話①

becoです。 4歳と0歳双子の三姉妹を育てています。

 

今まで小規模の保育所に通っていた4歳長女。

同年代とくに女の子の友達が少なくなってしまったので、思い切って9月から幼稚園に転園しました!

 

f:id:atportf:20220929225548p:image

 

 

 

 

幼稚園への転園を決めた理由

元々、3歳になると幼稚園に転園していく子が多く、以前から検討していたことでしたが、双子が生まれて家庭内の変化が大きくなるので、せめて保育所は同じところに通わせよう、という結論になりました。

 

ところが!!

憧れのお姉さんも、仲のいい女の子の友達(2人も!)いなくなってしまい…。

 

4月から

保育所、行きたくない~~~(テンション低)」

と登園をしぶるようになり、これはやっぱりお友達が多い方がいいのでは…?と思い直しました。

 

ダメ元で幼稚園に問い合わせると、なんと1人だけ枠が空いていると!

これはいくしかない!!と入園を決めました。

 

すぐにでも入園OKと言われましたが、これまで慣れ親しんだ保育所とスパッとお別れも寂しいので、8月いっぱいまで通うことにしました。

大きな理由としては、幼稚園の夏休み。

預り保育料は高くなり、毎日弁当持参はハードだなぁ…双子もいるし…、と完全に尻込みしました。

 

幼稚園 登園初日の想定外

さて、1歳から保育所に通っている長女。

保育所では先生のお話をちゃんと聞けて、周りのお友達のお世話もするしっかり者のお姉さん。

保育所の先生からも、

「○○ちゃんなら、すぐ慣れますよ~!幼稚園の環境なら、たくさん成長できると思いますよ」

と太鼓判を押され、親子そろって意気揚々と幼稚園初日を迎えました。

 

ピカピカの制服、帽子。

少し照れくさそうに、でもどこか誇らしさも感じられる笑顔。

「我が家に園児がいる~~~!」

とちょっとした感動を覚え、家の中で記念写真を撮ったり、ドタバタの朝でした。

f:id:atportf:20220929225700j:image

 

幼稚園に到着し、玄関でしっかりと長女を送り出して帰宅。

保育所ならいつもお迎えは5時半。幼稚園の預かり保育は6時まででしたが、この日は5時お迎えでスタートしました。

 

幼稚園から着信あり、波乱の幕開け

午後2時過ぎ。幼稚園から着信がありました。

「何か忘れ物でもしたのかな?」と電話に出ると、

 

「○○ちゃん、午前のクラスが終わって預り保育の部屋に移動しようとしたら、すごく泣いてしまって大変で。早めのお迎えに来れませんか?」

 

 

チーーーーーーン

 

 

まさかの初日からのお迎えコールです。

しかもまだ2時!!

預かり保育、開始30分でギブアップ宣言。

 

しかし、こちらも双子育児中。

目の前には、離乳食で見るも無残に荒れ果てたテーブルが。

しかも、いつもなら在宅の夫もこの時は外出中で、双子を置いて出かけることも難しい。

 

「いや、あの…すいません。急に言われても…。こちらもすぐには動けなくて…」

「そうですかーー…」

「なるべく早くお迎えに行くようにはしますんで…すみません…」

 

そう答えて、深い深ーいため息をつきました。

今までの保育所だったら、慣らし保育で大泣きしたとしても、こんなすぐには電話して来ないだろうに…と、さっそく後悔したりもしました。

 

とにかく、双子のお世話や家事を急いで終わらせ、帰宅した夫に双子を託し、

結局お迎えに行けたのは16時頃でした。

 

幼稚園に到着!長女と再会

幼稚園に着くと、長女はけろっとした顔をして登場。

ん??君は大泣きしていたんじゃないのかい??

 

先生から、電話の後、おやつを食べたら気分転換になったようで、

その後は大丈夫でした~とのこと。

 

お昼までは頑張っていて泣くこともなかったのですが、お昼のお集まりで皆でさようならをしたら、自分も帰れると思ってそこで緊張が解けてしまったようです。

母が迎えに来ると思っていたら、なぜか別室(預り保育)に連行され、母の姿はいつまでも見えず…

結果、パニック!!(大泣き)というのが事の次第のようです。

 

保育所ではみんな同じスケジュールで夕方まで過ごしますが、幼稚園では多種多様。

お昼にお迎えの子もいれば、預かり保育を利用する子もいます。

 

我が家は後者で、午前と午後でクラスが変わるよ、とは伝えていたのですが

そんな簡単に理解できるわけもなく。

1ヵ月、登園を続けた今でも、他の子がお迎えの時間になると、寂しさでいっぱいになって泣いてしまうことが多いです。

 

初日から、大波乱の予感の幼稚園生活のスタート。

この後も、大苦戦しますのでお楽しみに。

 

 

参考になればうれしいです。

 

beco